内部地球の最新情報

David Wilcock:さぁ、『コズミック・ディスクロージャー』の時間です。司会のディビッド・ウィルコックです。コーリー・グッドをお迎えしております。今回のテーマは内部地球です。以前も取り上げた実に興味深いシリーズです。コーリー、番組へようこそ。
Corey Goode:どうも。
David:前回は、内部地球の人たちとの最初の会合についてでした。
Corey:ええ。
David:そのあと、また連れて行かれましたか?
Corey:ええ。その前にカイパーベルトのSSP基地での会合に連れてってもらいました。
David:それは地底に連れて行かれる前という意味ですか?
Corey:地底に連れて行かれる前です。
David:二度目の前ですよね?地下都市への。
Corey:ええ。二度目の前です。これはかなり重要な会合でした。私と会話をした内部地球グループはアンシャールと呼ばれていました。あの土星のペンダントをしていたグループです。

image

David:そうなんですか。
Corey:その巫女の名前はカーリーでした。彼女は使節団を連れて出席することになっていたので、招待された私もとてもワクワクしていました。

image

Corey:その使節団は彼らの乗り物で到着したと思います。実際は待ち合わせの場所に入ってきたところしか見ていないので、到着の現場は見ていませんでした。いくつかの廊下を通って彼らを会合の場所に案内しました。ゴンザレスと私は・・どれだけ興奮したか分かるでしょ。彼らも緊張と期待で輝いている様子でした。
David:彼らがスフィアビーイングとコンタクトしたことはなかったんですね?
Corey:ええ。図書館での話によれば、彼らはコンタクトを受けたことは一度もありませんでした。彼らはスフィアビーイングのことをガーディアンと呼んでいますが、これが彼らのファーストコンタクトでした。彼らは非常に興奮していて、それで部屋に案内したとき・・
David:ちょっと聞きたいのですが、基地はどんな様子でしたか?あなたは見ていますが、視聴者は見ていないので・・
Corey:あっ、そうですね。
David:やはり格好いい場所ですか?
Corey:格好いいというか、超ハイテクの洗練された場所でした。どちらかというと、質素な感じでした。
David:そうでしたか。
Corey:まあ、なんというか・・
David:地球にある建物と変わらない感じ?
Corey:地下にある建物として考えれば、そうかも。
David:なるほど。
Corey:地下軍事基地みたいな感じです。
David:なるほど。
Corey:すごく印象に残る訳ではありません。SFっぽい内装という感じはありませんね。
David:天井はとても高い感じ?
Corey:普通ぐらいです。
David:そうですか。
Corey:えーとですね、ある場所を除いては。会合はプレゼンテーション・ホールで行われましたが、その奥に物が積まれている感じでした。それが何かはあまり注目しませんでした。ブルーエイビアンズの到着を心待ちしていたので。
David:廊下は暗いですか?それともライトがついてて普通に明るいですか?
Corey:かなり明るいです。
David:そうですか。
Corey:それでアンシャールの使節団が入ってきました。
David:会議室にですか?
Corey:会議室へ向かう途中に、私はカーリーに挨拶しましたが、彼女はどうも堅苦しい感じでした。きっと会合に期待していたのでしょう。それでも彼女は丁寧に礼を返してくれました。

image

Corey:私たちはすぐに他の人の後についていきました。ゴンザレスは目的地を知っていましたが、私は知りませんでした。私たちはただひたすら歩きましたが、まるで後ろに「壁」があるように感じました。私たちのすぐ後ろの「壁」に向かって、使節団が歩いている感じでした。訳注:ここまでは使節団との間の見えない壁の描写でしたが、ここから先はいきなり現場に着いたあとの説明に入ったと思われます。そこにゴンザレスがいて、私は彼に向かって4~5メートル離れたところにいます。私の前にカーリーと他の二人がいて、残りの使節団がその後でした。私たちはそこに座って、ロー・ティアー・エーが現れるのを待ちました。でも驚いたことに、現れたのはトライアングルヘッドの存在でした。
David:前に会ったとき、口すら利きませんでしたね。
Corey:ええ。
David:それで?
Corey:彼はずっと黙っていました。
David:その中で、彼が最も進化しているように思えますが、そうなのですか?
Corey:かもね。私には分かりません。前回も、そして今回も私とは交信しませんでした。
David:そうですか。
Corey:本当に奇妙な光景でした。私はただそこに座って横から見ています・・・私たちはあちこちを振り向いてみていますが、完全に無音状態でした。

image

Corey:前にも言いましたが、トライアングルヘッドの身長は約 11~12フィート(3.7~4メートル)でした。
David:えっ!
Corey:頭は肩幅と同じぐらい横長かったです。もうちょっとあるかもしれません。非常に薄っぺらかったです。

image
image

Corey:手足もとても薄っぺらいです。殆どなんというか・・水に浸かってるような・・そこに水はないけど・・ゆっくり波打っているような・・とにかく奇妙な感じでした。手足の指はそれぞれ3本で、まるでカメラの三脚みたいで、こんな感じに動いて・・・しばらくの間、彼らは完全な沈黙の中で交信しました。正確に時間を把握するのは殆ど不可能でした。彼らはそこでただ見つめ合って、しばらく時間が流れました。トライアングルヘッドがわずかに動いたりするだけでした。ゴンザレスと私はただお互いを見ては、あちこちを見回して、座り癖を時々示したりしていました。それが終わると、トライアングルヘッドは・・
David:沈黙はどのぐらい続きましたか?
Corey:どのぐらいだろ?・・・30分から40分かな、感覚的に。しばらくとしか言えません。
David:感覚的にね。
Corey:感覚で30分から40分の間です。
David:結構長いですね。
Corey:かなり時間がかかりました。
David:彼らの会話内容を直感的に読み取れませんでしたか?
Corey:トライアングルヘッドからは何も感じ取れませんでしたが、ある種の憂いが浮かび上がったのは感じ取っていました。興奮も感じました。戸惑いとかも・・・交信の内容が分からなかったので、それぞれ何に対して発せられたものかは分かりませんでした。交信の当事者でないと分かりません。それが終わったとたん、まるでラジオのチャンネルを変えられたように、トライアングルヘッドは忽然と消えました。
David:瞬く間に?
Corey:ええ。
David:徐々に消えたのか?それとも一瞬で消えたのでしょうか?
Corey:一瞬で消えました。
David:すごい。
Corey:使節団は興奮した様子でした。同時に何かしらの不安と少々の動揺もあったようです。その後すぐに、彼らは内部地球議会との会合のために、急いで戻りました。以前私とゴンザレスが会った議会のグループです。彼らが帰路についたときに・・
David:実際にトライアングルヘッドに会うことを許されたのはアンシャールだけでしたか?
Corey:アンシャール以外にも、もう一グループがいました。

image

David:どのペンダントのグループでしたか?
Corey:星のペンダントです。
David:そうですか。
Corey:でも彼らはずっと後ろのほうにいました。彼らも急いで帰ろうとしました。私はおしゃべりをしようと、カーリーに結果を聞きました。カーリーは順調だと答えてくれました。長い間知りたかったことをかなり教えてもらったようです。ただ、ガーディアンの観点から、彼らはこの惑星の良き世話役ではなかったことを聞かされて動転しました。
David:そうなんですか。
Corey:彼女は交信で集めた新情報を、次の会合のために急いで帰らなければいけない様子でした。
David:「この惑星の良き世話役ではなかった」という言葉の意味を的確に推測できるのは、あなた以外の適任者はいないと思いますが。
Corey:まあ、内部地球の人たちですが・・推測ですが、以前にも話したように、問題は地表の人々に対する彼らの接し方の論拠でしょう。時に人々を騙したり、駒に使ったり。全員というわけではありませんが、太陽系に入ってきた遺伝子収集種族と対立した時に、地表の人々を駒に使ったグループもありました。それと似たようなこともいろいろ指摘されたと思います。
David:つまり、内部地球グループは同盟を組みましたが、
私たちの立場から見ると、その一部はカバールと組んでいて悪いこともしてきたということ?それで良き世話役あらずと言われたのですか?
Corey:その通りです。この七つのグループは会合しているときでさえ、お互いを気持ちよく思っていなかったのです。他のグループを嫌うグループがいますし、利己的でネガティブ寄りのもいれば、献身主義ながらも自己保全に終始するのもいます。
David:人類に神だと偽ったのはどうなんですか?それは世話役としては不適切なんですよね?彼らは本来それをやるべきではなく、そういう風に現れてはいけないのですよね?それとも私たちを導くための役割の一部でしょうか?
Corey:私には分かりません。彼らはそれが自分の役割だと信じています。自らガーディアンと名乗り、これに関わったほかの存在も、それを自分の役割だと信じています。スフィアビーイング同盟がそれに同意するかどうか、私には分かりません。後にゴンザレスから聞きましたが、その後の内部地球議会の会合は、七つのグループが一堂に会した最後のものになりました。
David:ゴンザレスはその会合にも参加しましたか?
Corey:いいえ。
David:きっとゴンザレスはひっくり返ったでしょう。SSP同盟の使節としてこの歴史的な瞬間に立ち会ったのに、何が起きたのか、さっぱり知らないのですから。
Corey:完全な沈黙でしたからね。
David:SSP同盟は困ったでしょう、きっと。
Corey:まあね。でも私たちと関係のない会合でしたから。
David:でも、なぜあなたがそこに連れて行かれたのでしょうか?何も見えない、何も聞こえないのに、そこにいる必要はあるの?
Corey:私は知りませんよ。
David:まあ、いいでしょう。
Corey:正直言って、自分もそこにいる理由が見当たりませんね。
David:そうですよね。
Corey:でも、これはアンシャールとその同盟に対する予備交渉とも考えられました。彼らに何度かカイパーベルトの基地に来てもらいました。政治的な関係構築に時間をかけているのでしょう。
David:SSP同盟はかなり前から、内部地球の人たちをカイパーベルトに連れて行ったのですか?
Corey:ええ。内部地球グループとSSP同盟議会の会合は数回持たれました。ゴンザレスも立ち会いました。
David:彼らの地下洞窟に入ったとき、
1950年代のクラシックタイプの空飛ぶ円盤が庭園などで飛び回ったり岩壁を飛び抜けたりしたと言いましたよね。

image

Corey:ええ。実はその時、彼らはゴンザレスを宇宙船に乗せてこの(カイパーベルトの)基地に連れてきたのです。
David:ということは、彼らは地底に住んでいますが、実際は太陽系のあちこちに自由に行けるのですね。
Corey:もちろんです。
David:太陽系の外は?
Corey:行けますよ。
David:ええっ!
Corey:他の星系には入植地もありますよ。
David:入植地!?
Corey:ええ。
David:それは初めて聞きました。
Corey:彼らだけでなく、マヤ文明のグループもです。彼らの活動は活発化しています。近いうち、彼らはもっと私たちの話題に上るでしょう。

image

David:彼らの入植地はどこにあるか、具体的な情報はありませんか?彼らが実際に定住した星で、私たちが知っているところはありますか?
Corey:話してくれたのはマヤ文明のグループだけで、それはプレアデス星系のいくつかの惑星にあります。
David:本当ですか?
Corey:ええ。しかも彼らは地球から4千万人を連れて行ったそうです。

David:トライアングルヘッドの言葉で彼らが動揺したのはなぜだと思いますか?そのわけは?
Corey:彼らがやや独善的だとまではいいませんが、長い間彼らは自分の思いだけで行動し、最善を尽くして善いことをしてきたつもりでした。天変地異が起きるたびに、人類のために彼らはできる限りのことをしてきてくれました。しかし多くの場合、それは欺いたり操ったりする形で行われました。なんというか、彼らの一部にとってそれはモーニングコールみたいなものなんでしょう。
訳注:起こされるまではずっと寝ているだけという意味です。
David:あなたたちは秘密のベールに覆われて、何も聞かされなかったら落ち込むでしょうね。「よい世話役ではなかった」と言われて、同じ星の住人として正体を現すように指示されても、彼らはそれでも(地表の人に)殺される可能性に怯えているって本当ですかね?
Corey:ええ。後の会合でそう言われました。
David:そうなんですか。
Corey:この会合の数日後、事態が思わしくないとゴンザレスから聞きました。内部地球の会議で、3つのグループが内部地球の協力合意から脱退したのです。運用上の守秘問題から、脱退したグループの特定は開示しないように言われましたが、皆さんはそのうちの一つをすぐ思いつくでしょう。オメガのペンダントのグループはその中に含まれています。
David:うーん・・・

image

Corey:それまでの協力合意から抜けたのです。
David:でも、カバールからの致命的な脅威を生き延びるには、彼らは資源を共有するしかないと言いましたよね。
Corey:ええ。
David:これだけの死活問題なのに、彼らを分断したのはなんでしょうか?
Corey:彼らの正体を暴かずに理由を明かすのは無理ですね。
David:それで今のところ、彼らは自分だけでどうにかして運命を賭けていくつもりですね。
Corey:こう言えばいいのでしょうか。そのうちの一つは別の地球外グループとコンタクトしています。その地球外グループは強い関心を持っており、アフリカにも多くの不動産を持っています。彼らはほかにも同盟がいます。彼らは一か八かの賭けをやっているわけではありません。
David:で、トライアングルヘッドとの会合で、ほかに何か起きましたか。その後ゴンザレスともちょっと会話しましたが、その時で何かありましたか?それともそのまま帰りました?
Corey:SSP同盟の間で起きたことについて多少話しました。噂話とか。SSP同盟も地球同盟も寄せ集めのグループです。政治も絡んでいます。それぞれの意図も違います。常に何かしらの興味深い噂話が流れています。
David:それは教えてもらえない話ですか?
Corey:やや話が逸れますが、SSP下層の軍情報関係者が最近SSP同盟から離脱しました。1980年代に極秘開発中のステルス戦闘機が暴露された時と同じように、自ら暴かれようとしているみたいです。そのグループ全体はもはや議会の一員ではありません。もともと議会の中に、「かつてのUFOはETの乗り物でしたが、それは遥か遠い昔の話で、いま目撃されているUFOは殆ど人間の乗り物である」というシナリオを画策した人たちがあります。この人たちがその離脱グループの中心人物を占めていて、彼らをシナリオ通りの洗脳状態に保っているのです。

David:たったいま爆弾発言をしましたね。ちゃんと話を聞きましょう。SSPの下部組織が人類の目の前で正式に暴かれ、それが何の一部でしたっけ?
Corey:ええ。段階的に、と言われました。
David:それは X-37B のようなものですか?あの真上にしか飛べず、軌道に一年間滞在して戻って来る小型スペースシャトルです。

訳注:X-37Bはアメリカの表向きに開発されている宇宙機。スペースシャトルの技術を利用していますが、SSPに比べるとかなり昔の古い技術です。

image

Corey:公開されるのは、おそらく地球の低軌道を回る様々な宇宙ステーションというレベルにとどまるでしょう。それでも今のISS(国際宇宙ステーション)より30年から50年進んだ技術です。ISSは毎月に何度かメンテや物資輸送で維持する必要があります。彼らの第一歩はとりあえずそれを上回る新技術の公開になるでしょう。
David:これらの宇宙ステーションで何ができますか?
太陽系の中を自由に飛び回れますか?
Corey:そのレベルでは可能ですが、SSPの高レベルのもののように短時間移動はできません。
David:それでも公開されれば、軍はとっくの昔から太陽系を飛び回れたことが世界に知れ渡りますね。
Corey:ええ。ほかにも、20年間の秘密任務内容をいかに非公式的に開示するか、そういう教育と指導をされた下部組織のインサイダーが数多くいるとも聞きました。
David:なぜいまさらETの存在を否定しようとしているのでしょうか?裏に何か別の計画があるのですか?
訳注:直前のコーリーの回答にはインサイダーへの教育内容(ET否定論)を言っていないにもかかわらず、デービッドがこの質問をしたのは、おそらく事前の打ち合わせでそういう話を聞いていたと思われます。
Corey:部分開示のシナリオを画策しているグループがいますが、これはその一部です。テレビやコマーシャルにも兆候が現れていますよ。
David:この対談の前に、1月24日放送のXファイルのパイロット(初回)エピソードについて話しましたね。ショッキングな内容でしたが、その三日前にCIAがウェブサイトで限定暴露をしました。そしてそのXファイルのエピソードは実質的に、ETはほぼ存在しないという内容でした。いるのは人類だけだというのです。「私たちはいままでずっと騙されてきた。(それをやったのETではなく、)人間だ。人間だよ!」と主役のモルダーが繰り返したというのがミソなんですね。 つまり、Xファイルのような番組は、彼らが必死に進めようとした部分開示のシナリオの一部なんですね。
訳注:限定暴露(Limited Hangout)は諜報用の専門用語で、秘密はもうこれ以上隠し通せないとき、あえて自ら公開しながらも、肝心の部分だけは隠したままという追及逃れの手法です。大衆は公開された部分だけでも十分な衝撃を受けるため、それで許してしまうことを利用しています。
Corey:ええ。XファイルはまさにSSP上層部が数十年間植え付けてきたシナリオそのものなんです。
David:それを信じるほど単純な人はいるの?彼らをバカにするつもりはありませんが、ETがいないなんて信じられるわけないでしょう。
Corey:いま外に出て探せば、ETの存在を信じる人よりも、信じない人のほうが多いですよ。主流メディアの意識操作のお陰でね。
David:でもこのSSPの人たちは太陽系中を飛び回る宇宙機を持っていますよね。
Corey:ええ。
David:火星にはピラミッドも人面岩もあります。それを何と思うのですかね。
Corey:まあ、それはXファイルでの説明と同じです。大昔に散発的にETとの接触があり、その時に残された技術を再現して作った宇宙機が飛び回っているというわけです。
David:彼らは当然SSPの宇宙船とかも見ていますよね。
Corey:見ていますね。
David:それを何と思うのでしょうか?
Corey:構想として作られた乗り物と聞かされました。話すな、報告するな、記録するなとも言われました。
David:信じられません。
Corey:そうですね。
David:リチャード・ホーグランドと仕事したこともあるSSP上層部のインサイダーを知っています。彼はこれらの作り話を信じているんですよ。ショックでした。
訳注:リチャード・ホーグランドはNASAの陰謀論やUFOについて本を出版しているアメリカの作家。
Corey:自分は組織ピラミッドの頂点にいるんだっていう人を知っています。彼だけのピラミッドならね。驚かされますよ。
David:つまり、戻る前にゴンザレスとかわした会話は、
SSP下層部の暴露が予定されていて、その構成員も「開示」に備えているということですね。
Corey:ええ。
David:次の会議の話に行く前に、彼とは他に何か話しましたか?
Corey:それだけです。
David:最初の内部地球の会議は9月(2015年)と言ってましたね。カイパーベルトで行われた二回目の会合はいつでしたか?
Corey:12月(2015年)の下旬でした。そして1月上旬に次の会合がありました。その時にまた内部地球に連れて行かれてカーリーに会いました。
David:ではその話に進みましょう。つまり、これは内部地球の人たちとの三回目の会合になりますね。場所はどこですか?
Corey:初回と同じく地下です。でも儀式は一切必要ありませんでした。
David:裸になって泉に入る必要は無くなりました?
Corey:ええ。
David:儀式用のローブではなく、普段着で?
Corey:ええ。都市エリアで会いました。彼女は以前と違うエネルギをまとっているようです。同盟の間でいろいろ起きたと思います。その3つのグループとの決別は穏やかではなかったのでしょう。地表との関係構築について大きな意見の相違があったと思います。
David:でしょうね。
Corey:ゆっくりですが、アンシャールは今までテレパシーだけで接触してきた人との交流を始めようとしました。いままで別の星系の住人と偽って、全然違うシナリオを語っていましたが、正体を明かすつもりです。他の3つのグループはその考えに全面反対でした。それは無謀で、社会の崩壊に終わると彼らは主張しました。それで彼らは離れていきました。それだけでなく、彼らはそれまでの遠隔思考操作プログラムをさらにエスカレートさせました。交信していた人に対して、特定の情報を疑うように、さらに吹き込みました。
David:この会合は神殿ではなく、都市の中で行われました。彼らは真実を告げるように指示されました。こういうことですね。
Corey:ええ。
David:ほかに何か起きましたか?
Corey:他の所に連れて行かれてないし、特に面白いこともありませんでした。彼女との会話が中心でしたが、ガーディアンからいかに多くの情報を教えてもらって、
いかに彼らの社会にインパクトを与えたかを話してくれました。
David:それで?
Corey:彼らの情報交換手段は私たちの未来の情報伝達手段になります。それはまるで精神的なインターネットみたいなもので、彼らはそれにアクセスできるのです。
David:テレパシーで。
Corey:彼らはその方法で情報を共有します。その時の情報開示でいえば、ガーディアンからの情報開示は内部地球のインターネットに届けられました。その時に内部地球の各都市がざわめいたそうです。
David:良い世話役ではなかったと叱られたはずでしたが・・
Corey:ええ。
David:それで私たちにもっと真摯に接しなければいけないと。
Corey:その通りです。
David:では、彼らはなんでざわめいたのでしょうか?何がめでたいのでしょうか?彼らがざわめいた理由が分かりません。
Corey:明らかに、彼らは新しい任務と指針を与えられたのです。ただ、新しい指針と任務はオープンなコンタクトまで行かなくても、より直接的な接触にはなるでしょう。地表の人に直接的でプラスになる影響を与えるでしょう。私たちがETとのコンタクトが始まる前に、彼らとはもっとオープンなコンタクトを持つことになるかもしれません。
David:トライアングルヘッドとのコンタクトの後で、この内部地球の人たちが盛り上がる理由はほかにないですか?やっとガーディアンに会えただけで、そんなに興奮させたのですか?
Corey:彼らが崇拝してきたグループでしたからね。また、一度も接触されたことはないが、彼らがずっと崇拝してきたもう一つのグループの情報もたくさん得られました。考えてみましょう。もし今これらの存在とやっと面会できたら、あなたはどのぐらい興奮しますか?
David:燃えますね。分かります。
Corey:ええ。
David:この会合で他に変わったことは?
Corey:彼女との会話以外は特にありません。これから彼女と私の間にもっと接触が増えるし、マヤ文明のグループとのコンタクトももっと増えると言いました。実際に、このマヤ離脱文明のグループはあちこちに現れています。私はカイパーベルトに何度も行きましたが、直近の状況説明では、初めて彼らをそこで見かけました。彼らはそこらへんにいました。ゴンザレスも彼らをよく見かけるようになったと言っていました。彼らはより大きな役割を取り始めたと思います。どんな役割なのか、私は説明を受けていませんが。
David:実に面白そうです。ありがとうございました。いろいろとひどい目に遭いましたね。家の上で5度もヘリが飛び回ったとか。私の家の上空も黒ヘリが一機飛び回っていましたが、あなたはよく耐えていますね。それでもこの番組に来てくれて、本当に感謝します。
Corey:ええ。SSPの会合の翌日に、多分SSPの下部組織のやつらだと思いますが、チヌーク型のヘリが家の上空を5回も飛び回りました。全部動画に撮りましたよ。
David:そうでしたか。ありがとうございました。視聴者の皆さんもありがとうございました。コズミックディスクロージャーでした。注目情報を毎回お届けします。またお会いしましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました